IPもの企画書

昨日の版元打ち合わせの結果を受け、企画書の修正を始めた。担当者の方とは気脈を通じる事が出来たし、後は互いの上の人間をどう説得するかである。